歯磨きの仕方は合っていますか?

歯磨きの正しい方法を知る

一般的な歯磨きの方法はありますが、ひとりひとり歯の生え方や口の大きさは違いますよね。自分でしっかり食後に毎回歯磨きをしているのに虫歯になってしまう、歯茎が腫れてしまうというような方は歯磨きの仕方自体が間違っている可能性があります。
口の中の状態を歯科で診てもらい、どのような歯磨きを行っておりどのように改善すればよいかを知りましょう。私は左右同じように磨いていたつもりだったのですが、一度診てもらった時に歯ブラシを握った手と同じ側の歯、特に奥歯が磨けていませんでした。歯ブラシが歯に当たる角度が悪かったわけです。
あと見た目は腫れていなかったのに、チクチクと検査をすると歯茎と歯の間にポケットができていました。
このようなときにどのように歯磨きをすればよいか、また歯並びに合わせた歯ブラシについても専門的に教えてくれますので、正しい歯磨きの仕方を知るには一度歯科へ行くことがお勧めです。

ケアの道具もたくさんあります

歯磨きをするには歯ブラシと歯磨き粉があればいいのですが、そのほかにも今はケアのための道具がたくさんあります。
歯ブラシは歯間をしっかり磨くことができるように、先が小さくドリルのように尖ったものがあるのですが、これは普通の歯ブラシで磨けない凸凹を綺麗にすることができて便利です。
またフロスと呼ばれる、歯と歯の間を糸のようなものを使って汚れをとるものを使うと、さらに歯ブラシで歯磨くことができない部分の汚れを掻きだしてくれます。
あとは歯磨き粉にこだわるとしたら、フッ素が配合されたものでジェルコートのものだと、歯ブラシの圧が強くて歯茎に傷をつけてしまうことなくケアをすることができますよ。

歯科は虫歯の治療だけでなく、その時の口の中の状態に合わせた予防のための方法を教えてもらうこともできます。
あなたに合った虫歯・歯周病予防を歯科で教えてもらいませんか?


B!