歯がなくなった後に及ぼす影響

みなさんはどんな時に歯医者へ行きますか?
多くの人が歯が痛くなった時や虫歯の治療で歯医者へ行くのではないでしょうか。
中には歯並びを矯正するために矯正歯科へ通っている方もいるかもしれません。私もその一人で矯正歯科に長くお世話になっていますが、歯の矯正を始めるときにはワイヤーなどの器具を装着するため虫歯になりやすい状態です。
歯に器具がついていると歯磨きがしにくくなり、磨き残しが出てしまうことから虫歯になってしまうんですよね。歯磨きをしっかりしないと、と思ってしっかり磨いているつもりなのに、鏡でよーく見ると磨き残している部分があったりして。
これは矯正歯科での私の経験の一部ですが、たとえ歯の矯正をしていなくても虫歯は作りたくないですよね。
虫歯だけではありません。もう一つ歯周病ということばを聞いたことはありませんか?磨き残しは虫歯だけでなく歯周病も引き起こしてしまいます。ドラッグストアなどで歯磨き粉のコーナーへ行くと、『歯周病予防に!』と書かれているような歯磨き粉やマウスウォッシュがとても多く売られています。
このことからも分かるように、歯を磨くということは虫歯予防や歯周病を防ぐということが大きな目的の一つといえるんですね。
歯科では実は歯磨きの仕方を教えてくれることをご存知ですか?
虫歯や歯周病の治療をするだけではなく、それらを予防することも歯科の大切な役割ですので、虫歯でなくても歯科へ行って良いんですよ。
これを機に予防歯科について考えてみませんか?